オカマちゃんが多い時期。。。(^^;)

【ポイント】 一湊タンク下No.1
【水温】 25.8℃
【透明度】 30m
【海況】 凪ぎ
【天候】 くもり
【潜水時間帯】 10:12-11:55
【潮まわり】 05:42 217cm 満潮 / 11:40 72cm 干潮 / 17:27 225cm 満潮 / 中潮(月齢:12.4)
【日の出・日の入】 日出06:50 日没17:18

今日もスタッフにガイドを任せ、僕はカメラを持って1人でフラフラ。。。(^^;)

シャコガイ裏側の蛍光モスグリーンの斑紋が怪しく光る。。。

シャコガイ裏側の蛍光モスグリーンの斑紋が怪しく光る。。。

やっぱり狙っているのはニセアカホシカクレエビのクリーニングなんだけど、今日もなかなかハナキンチャクフグの上に乗ってもらえず、全然ダメ。。。
ダイバーが近づくと基本的にクリーニングを止めちゃう、もしくはやらなくなっちゃうみたい。
なんかいい方法はないかなー
せめて乗ってくれないとスタートラインにも立てない。(^^;)

今の時期はハゲブダイ属の魚、例えば、オオモンハゲブダイやシジュウカラなどの雌雄の中間的な感じの体色・色彩をした個体をよく見かける。
よく見れば派手なオスの体色に近いのだが、その色や模様はハッキリしておらず、かなり色褪せているように見える。
遠くからパッと見た感じではメスのような体色も薄っすら残っているのだ。

オオモンハゲブダイの色褪せ個体

オオモンハゲブダイの色褪せ個体

シジュウカラの色褪せ個体

シジュウカラの色褪せ個体


これらをひとまず「オカマちゃん」と呼んでいるのだが、たまにメスに対して求愛らしきものをしたりしているので、単にオスの体色が褪めただけの状態なのかもしれないけど。。。
とにかくこの時期に、この体色が多く見られる事だけは確かだ。

これが何を意味しているのか、今はよく分からないけど。。。(;´・ω・)

今、最も生態行動が気になるはブダイ類だ。(^^)


Leave a Comment

CAPTCHA