ウミガメの個体識別

【ポイント】 一湊タンク下No.3 / 一湊タンク下No.1 / お宮前
【水温】 28.8℃ / 29.0℃ / 28.6℃
【透明度】 30m~
【海況】 やや水面バシャバシャ
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 9:52-10:43 / 12:01-13:01 / 14:42-15:27
【潮まわり】 05:34 84cm 干潮 / 11:48 186cm 満潮 / 17:28 119cm 干潮 / 小潮(月齢:22.0)
【日の出・日の入】 日出05:49 日没18:52

今日はファンのガイドで3本。
各お客様の希望本数や到着時間に合わせて、1本目、2本目、3本目とゲストの入れ替わりの激しい1日だった。(笑)

ゲストの1人が台湾の琉球郷でダイビングショップを経営する同業者だったのだが、彼のリクエストはウミガメだという。。。
今回もメインは屋久島・永田のウミガメ・ボランティアに2週間参加するために来島したほどのウミガメ好き。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ホームグラウンドの琉球郷(小琉球)にはウミガメが少ないのか?と聞くと、沢山いるという。。。
ではなぜ、ウミガメがリクエストなのか聞いてみると、台湾だけでなく、屋久島、沖縄など日本の南西諸島などこの界隈のウミガメたちを片っ端から個体識別しようとしているそうな。。。(・・;)

頬のあたりの斑紋を写真に撮って、個体識別をしているそうな。。。すげー(^_^;)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください