ウミガメがいない。。。(;゚Д゚)

【ポイント】 お宮前 / 一湊タンク下No.1 / 一湊タンク下No.3
【水温】 28.4℃ / 28.6℃ / 28.8℃
【透明度】 20m~
【海況】 時化気味
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 9:14-10:05 / 11:08-12:07 / 13:47-14:33
【潮まわり】 05:07 199cm 満潮 / 11:42 63cm 干潮 / 18:07 216cm 満潮 / 中潮(月齢:12.4)
【日の出・日の入】 日出06:06 日没18:15

連休初日。
9月の連休は毎年、それほど混むことはないのだが、今年はそこそこ予約をいただき、うちの最大受け入れ人数に達した。

今日のゲストさんの中にウミガメを見たい!という方がいたのだが、屋久島は性成熟する前のアオウミガメがウジャウジャ棲みついているので、当然そのリクエストに対し僕はほぼ100%見れます!と答えた。(笑)
ところが、実際潜ってみると、全然出会わない!
今日は僕1人が1匹泳ぎ去る小さなアオウミガメをお宮前で見かけたのみ、あとは一切ウミガメに出会うことなく3本が終了してしまった。。。(;゚Д゚)
3本潜ってウミガメに一切出会えないなんて事はめったにないため、ちょっと驚いた。。。

いったい、こんな時、一湊タンク下の子たちはどこに行っちゃってるんだろう。。。不思議。。。

ちなみに僕的な今日のトピックスはニセゴイシウツボの死体だ。。。(◎_◎;)
多分、死んだばかりだと思われる綺麗な成魚が静かに横たわっていた。
腹部に怪我をしていたのだが、いったいどうして死んでしまったのだろうか?

お宮前ではこの時期としては珍しい抱卵中のニシキフウライウオに出会った。
屋久島での本来の繁殖期は4-6月。
この時期の抱卵個体は珍しい。


Leave a Comment

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください