ようやく狙っていた捕食シーンなんだけど、、、(・・;)

今日はようやくずっと狙っていたシーンに出会えた!!(^^)

最初1匹が長い吻部を伸ばし食事中だった
その時はイボヤギもポリプが全開に開いていてとても綺麗だった。

ところがしばらく撮っているともう1匹も吻部を伸ばし始めた!!!

【ポイント】 一湊タンク下No.3
【水温】 22.2℃
【透明度】 10m
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 15:31-17:28
【潮まわり】 09:55 93cm 干潮 / 15:31 164cm 満潮 / 中潮(月齢:10.5)
【日の出・日の入】 日出06:05 日没18:37

ホームの一湊タンク下はようやく凪ぎてきた。
しかし、もう時化前のクリアーな海ではなく、ありえないくらいの白濁り。。。
漁礁まで行ったんだけど、中層移動がちょっと怖いくらい。
水温は相変わらず高めなのだけど、こりゃ水温が下がるのも時間の問題かも。。。(・・;)

今日は時化前の続きで、漁礁にイボヤギヤドリイトカケに着くヒドロ虫の観察に。。。
前回はもうコンピュータがピーピーうるさい時に見つけたので、じっくり撮影&観察できなかった。
今日は最初からヒドロ虫にはりついた。。。ところが!
何とヒドロ虫は時化の影響か、茎部にはゴミが沢山付着し、ポリプ部分が遊離したかのように無くなっている部分も多かった。(・・;)
このヒドロ虫が遊離してクラゲになる種類なのか知らないけど、まさに遊離したあとの状態のようだった。

白化したサンゴに着いていたヒドロ虫
白化したサンゴに着いていたヒドロ虫
ところで、このヒドロ虫。。。
ヒドロ虫の先生に写真を見せたところ、種類は分からないけど、カイウミヒドラではない事は確かだと言われた。
それでも貝殻に着くヒドロ虫は種類もいろいろいるのだろう。。。これは別の貝に専門に着くヒドロ虫なんだろうな。。。と理解していたのだが、今日よく観察すると、このイボヤギヤドリイトカケの食痕跡のサンゴの白化部分にもまったく同じヒドロ虫が沢山着いていた。。。(・・;)
つまり、カイウミヒドラのように貝殻専門で着くヒドロ虫ではなかったのだ。
マジっすか。。。( ̄□ ̄;)!!

3月27日(6日前)の卵の様子
3月27日(6日前)の卵の様子
4月2日(今日)の卵の様子
4月2日(今日)の卵の様子
それから6日前(ありえない濁り&浮遊物。。。(¨;))に見たピンク色の卵が茶色くなり、茶色かった卵はすでに孵化後のような抜け殻になっていた!!
写真は左側がその6日前の卵、右側が今日の卵だ。

①番の卵は前回茶色くて、死んでしまった卵?とか思っていたのだが、これは孵化寸前の卵だったのかもしれない。。。
②番の卵は前回ピンク色だったのだが、今回は茶色く変色していた。
もし、茶色い卵が孵化間近の卵だったら、また5-6日後くらいに見に行けば、これも孵化しているはず!!

つまり、こういう事だと思う。。。
卵はもともとピンク色なのだが、通常は産卵時に黄色い膜に覆われて産み出される。(下のリンク先の写真の②)
たまに下のリンク先の写真の①のようにしっかり黄色い膜に覆われず産み出される卵もあるのだろう。。。
(参考:http://field-note.harazaki.net/wp-content/uploads/2012/03/DSC3180.jpg
そしてこの黄色い膜はどんどん薄くなっていくのではないだろうか?
だから、外見の見た目は
黄色→ピンク色→茶色→孵化
こんな感じで進んでいくのでは?

イボヤギに吻部を差し入れ食事
イボヤギに吻部を差し入れ食事
 
食事中の2匹のイボヤギヤドリイトカケ
食事中の2匹のイボヤギヤドリイトカケ
今日はようやくずっと狙っていたシーンに出会えた!!(^^)
かれこれここ2週間、ずっとイボヤギヤドリイトカケの元に通っていたのは、このダブル、もしくはトリプルでの食事シーンを探していたのだ。
その数が多ければ多いほど絵になるなぁ~と思っていて、思い描いていた絵が、2-3匹のイボヤギヤドリイトカケが一斉に長い吻部を伸ばしイボヤギに差し入れていて、しかもイボヤギはすべてポリプ全開!
そんな絵を思い描いていたのだが。。。

最初1匹が長い吻部を伸ばし食事中だった
その時はイボヤギもポリプが全開に開いていてとても綺麗だった。

ところがしばらく撮っているともう1匹も吻部を伸ばし始めた!!!
その瞬間から、ちょっと興奮し過ぎてしまった。。。
多分、吐く泡が当たったのか、接近が速すぎたのか、ポリプが閉じてしまったのだ。。。!( ̄□ ̄;)!!

仕方がない。。。もっと通おっと!(笑)


「ようやく狙っていた捕食シーンなんだけど、、、(・・;)」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: Shigeru Harazaki

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください