ようやく寄れたイトヒキフエダイ(^^;)

【ポイント】 一湊タンク下No.3
【水温】 19.8℃
【透明度】 20m
【海況】 凪ぎ
【天候】 くもり
【潜水時間帯】 14:05-15:27
【潮まわり】 09:10 195cm 満潮 / 15:57 26cm 干潮 / 中潮(月齢:19.6)
【日の出・日の入】 日出05:37 日没18:53

GW直前になって下がった水温は実は一時的なもので、今日はまた元の水温に戻っているのでは?という淡い期待をいだいてエントリー。
昨日は水温は低いけど、透明度はそれほど悪くなく、むしろメチャクチャ良かったので、一時的に深層水が浅場に上がってきたのかも。。。と思っていたのだが、エントリーしてみると、依然として水温は18-19℃。。。(^^;)

ジッとしていても寒いので今日はゼロ戦まで泳いだ!(笑)
ゼロ戦では久しぶりのメガネウオに出会った。

砂に埋もれるメガネウオ

砂に埋もれるメガネウオ

メガネウオの全身

メガネウオの全身


しまった~ワイドで来れば良かった。。。
結局、スグに砂中に隠れてしまうヤツをTG-4で動画撮影。。。今日もTG-4ばかりで一眼のシャッターはほとんど切らないまま帰路へ。。。

屋久島では珍しいイトヒキフエダイ

屋久島では珍しいイトヒキフエダイ

帰りにイトヒキフエダイが砂地で何やらフーフー水流を送りながら、穴を掘っていた。
何をやっているんだろう?と思って近づいてみると、まったく逃げる気配はなく執拗に穴掘りを続けている。。。

このイトヒキフエダイは昨年の夏くらいから急に一湊タンク下の砂地でよく見かけるようになった子だ。
一時は自慢の「糸」が切れて「イトヒカナイフエダイ」などと呼んでいた時期もあったのだが(笑)、また元通り糸が伸びたようだ。。。

周りの同業者はメチャ寄れる!とブログなどで書いていたけど、僕はなかなか寄れなくて「なぜだろう?」といつも疑問に思っていたのだが、今日はメチャクチャ寄れた!(^^)
寄れ過ぎてバックしなければならないくらい。。。(笑)

図鑑用にもきっちり1枚押さえて、あとは動画で観察。。。
一度逃げてもまた戻ってきて執拗にフーフーと水流を吹きかけるので、ヤツにとってよっぽど貴重なお宝が眠っているに違いないっ!(笑)
それは何なのかキッチリ見届けたかったけど、エアーの残がマズイ状態に。。。(;´・ω・)

こいつは何を食べて生きているんだろ?
GWが終わったらちょっと調べてみるか。。。


Leave a Comment

CAPTCHA